~接遇とは?~ What is hospitality?

こんにちは。

ひとりひとりの個性やカラーを大切に
自分らしく輝く人を応援する
接客・接遇コンサルタントの岩村良恵です(^^)

今日は改めて「接遇」についてお話してみたいと思います。

というのも、

昨今では人々の価値観も多様化し
その定義も変わってきているように感じるからです。

例えば、航空会社の機内サービス。

日系エアラインのような丁寧できめ細やかな
日本人らしい接客を好まれる方は多いと思います。

一方で、最近のビジネスマンの中には

外資系の気さくでフレンドリーな接客が心地いい
と仰る方も多くいらっしゃいます。

人々の好みは時代とともにどんどん多様化しているんですね。

ところで、
辞書で「接遇」をしらべると

もてなすこと

という説明が目に入ってきます。

「もてなす」を調べると

心を込めて客の世話をする。ごちそうする。

と解説されています。

ではこの

「心をこめて客の世話をする」

をあなたはどんな風にイメージするでしょうか?



今は多様性の時代。

「嬉しい!」や「好き!」の感覚も千差万別です。

接客においても、お客様のタイプによって

「親切丁寧で、きめ細やかな接客」

「適度に放っておいてくれるあっさりした接客」

「ときにジョークも飛び出すような楽しい接客」

など、様々なケースに対応できる
柔軟なサービスパーソンが活躍できる時代になったのかな~と(^^)

そんな、
「所作」を整えるだけでは多くのお客様の支持を
得づらくなってきた時代。

でも、

どんな時代にも変わらないこと

それは

「大事にしてもらってるな」

と思えた瞬間の安心感居心地のよさ

昨日、友人の田中亜矢子さんがブログの中で

「マナー違反の指摘、というマナー違反」

について書かれていました。

名刺の置き方や、茶托の向きが間違っていても
あえてそのタイミングでは言わない、と。
なぜなら、
相手に恥をかかせることは最大のマナー違反だから。

なるほどな、と思いました!

「所作を整えること」は大切。
でもそれ以上に大切なのは

「目の前の方がどう感じるか」

それを推し量り続ける感性、そして
異なる価値観を受け入れる柔軟さ
ではないかなと思っています。

これからも感性を磨き続けていこう!
と思う今日この頃です(^^)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

職場の対人関係・接客コミュニケーション
オンラインプレゼン力UPのことなら
企業研修、セミナー、個人セッションの
True Colors Communication へお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA