~役者は笑われた方がいい~
An actor had better be laughed at.

今朝は久しぶりにお招きいただき岡崎市倫理法人会さんのモーニングセミナーへ♬



ここには熱いソウルと温かいハートをもった経営者の皆さんが
朝5時から集い心の在り方を磨いていらっしゃる。

ものすご~くレベルの高い学びの場です💕


美緯子会長のお誕生日をお祝いしました

💕

このチーム力。この盛り上げ力。
そして皆さん、あったかいな~💕

今日は中川区倫理法人会の葛島茂さんのご講話。

テーマは「苦難福門」

どういう意味かというと…

苦難は幸福に続く門

もっと平たく言うと…

今、あなたが苦労してるということは
「何かが不自然」
「なにかが歪んでる」というサインだよ
そこに気づくチャンスだよ!

という意味だと、私は解釈しています。

だからこそ、今ある苦難や災難から見える

「何か」

をヒントに変えて、
本来の「あるべき姿」に変えればきっと本当の幸せがやってくる。
そう信じて幸せへの扉(福門)を開こう!!
という、とても勇気のでる考えです♬

ところで、コロナは苦難か福門か?いろんな考え方がありますね。
コロナそのものはまさに苦難。

でも、

コロナによって生み出されたものも沢山。

たとえば「オンライン」

zoomやteamsが浸透したお蔭で遠方の友人や親戚、

仕事仲間とも気軽に顔を見て話せるようになった。

出張がなくなって自分の時間が増えた♬

テレワークで家族や仕事の在り方が変わった。

そして

私が来週出場するセミナーコンテストも今やオンライン。
世界中の自宅から気軽に観覧できます✨

いや~、これって革命です。

人間は苦難があるからこそプラスの「何か」を生み出せる。
人間って本当にすごい!

でも、

だからこそ、おごってはいけない。
感謝を忘れてはいけない。

そして、

葛島さんが最後におっしゃった言葉がとても印象的でした。

人生を、そして学びを楽しむコツ。
それは「役者側」になってみること。

「役者」になるか「観客」になるかそれは人それぞれ自由だけれど
「観客」のままでは単なる傍観者。
一歩間違えば批評家になってしまうことも。

「あの人はつまらん」
「あの人は下手くそだ」

そんな風に、「見る側」の立場であ~だこ~だと批評するのは簡単。

でも、

ものごとの本質ってたぶん傍観者でいるうちは見えないだろうな~。

そして、もっとすごかった一言!

「役者になるなら笑われた方がいい そのほうが、がんばるから。」

たしかに!!

私も今、セミナーコンテストに出ていて
毎回、先生方やオブザーバーの方々からいろんなフィードバックをいただきます。

嬉しいコメントもあれば厳しいご指摘もあります。

でもやはり、
この厳しいご指摘こそが私を押し上げてくれるんだな~と
今まで見えていなかった世界を見せてくださるんだな~と。

改めて感謝の今日この頃です(^^)

「切られ役を演じるからこそ、切る人の苦労がわかる」

葛島さん、胸に響きました✨

ありがとうございました!

さあ、明日からまたがんばるぞ~♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA