~人生100年時代をどう生きるか~
How we live to be 100 years old.

今朝はセミナーの打ち合わせで
新城市生涯現役促進地域連携協議会様へ。


新城市は名酒「空」でも有名な温泉町。
緑いっぱいの素敵なところです🌳🌳🌳

定年退職された市民の方を対象に
セカンドキャリア支援に力を入れている新城市。

そんな中、私は

「輝くセカンドライフに向けて」

というテーマで、55歳以上の方限定の啓発セミナーを
ご依頼いただきました。

セミナーでは、
参加者の皆さんにこれまでの経験を振り返っていただき
もう一度、社会で活躍いただけるよう
ご自身の中に眠っているスキルや能力
そしてご自身の個性や魅力まで一緒に掘り起こしていきま~す(^^)

考えるだけでワクワク💕
楽しみです♬

人生100年時代。

60歳で定年した人が100歳まで生きた場合
定年後の時間は40年、なんと35万時間!!

ゆとりあるの~んびりした老後も良いけれど
元気なうちは人の役に立てる自分でいたい!
そんな思いの方が増えているようです。

私も断然、後者だな~(^^)

そう言えば先日、80歳現役のプログラマーさんに出会いました。
メチャメチャかっこいい!!

キャリアとはもともと轍(わだち)のこと
馬車が通った後に残る車輪の跡のことだそうです。

人生を振り向いたときどんな轍が残るのか。。。
そう思うと、目の前の一日がとても大切に思えました✨✨✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA