~ビタミンカラーの効果~
The positive effect of vitamin colors.

こんにちは。
接客コミュニケーション コンサルタントの岩村良恵です。

今年の梅雨は “メリハリ梅雨” と言われているそうで
豪雨と晴天が代わる代わるやってきますね!

今日は気持ちよい青空。

洗濯ものがよく乾いて、働く主婦の私としては
ありがたい限りですが(^^)

洗濯をしながら、最近自分の着る服の色が
ずいぶん明るくなってきたな~と。

今日は色の効果についてお話したいと思います(^^)

好きな色と似合う色

皆さんは生活の中に
色の効果を取り入れていますか?

好きな色は人それぞれ。

でも、自分が「心地よい」「気分が上がる」
と思える色を、意識的に生活の中に取り入れることで
体調や気分にも変化が起きるのを実感すると
クセになりますよ!

「ちょっと疲れてるな~」

と思うとき、皆さんはどんなことをされていますか?

私はそんなとき、思い切り明るい
“ビタミンカラー” の服を着るようにしています。

最近のお気に入りカラーは

黄色 赤 グリーン(信号か!!)


この色を着ているだけで
ものすごく気分が上がって元気になるんです(^^)

以前、カラー診断しいただいたとき、
私はWinter(冬)タイプと教えていただきました。

似合う色はブルーベース。

サーモンピンクよりはショッキングピンク
茶色よりはグレー
オレンジ系よりはレモンイエローを身に着けると
より健康的に見えるのだそうです。

でも、

実は私の好きな色はいわゆる Autumn 系。

アースカラーと言われるベージュや
モスグリーン、カーキや茶色が大好きです。


なのに、残念ながらその色を着ると
顔がくすんで見えてしまう(涙)。

それが悩みでしたが、
先生の仰ることを素直にきいて
ウィンターカラーを身に着けるようになってから

「年齢より若く見えますね!」

と言っていただく機会が増えました(^0^)

はやり、人と会うときや仕事の際には
自分が好きな色もさることながら

「より素敵に見える色」

を選んだほうが得策かな~とも思います。

自分をご機嫌にしてくれる色

こんな風に色には


着ていて元気に明るく見せる

という効果もある一方で、
もう一つ役割があると思っています。
それは、


着ていて気分が良くなる、ご機嫌になる



という効果です。

女性は特に、ホルモンバランスを崩しやすいので
こんな色のパワーを意識して取り入れると
精神的な安定にもつながるように思います!

私は洋服以外にも
家の中の壁やソファ、カーテンの色
食器やキッチンツールの色まで
最近とても意識するようになりました。

身に着けるものと目に入ってくるもの。
できる範囲で

「好きな色」「似合う色」

に囲まれて暮らす、というのは
小さくて大きな贅沢なのかな、と最近思っています。

さあ、今日もビタミンカラーを纏って
ご機嫌に過ごしましょう!

Let’s receive a lot of benefit from our favorite colors!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA