~共感にはアタマよりハートを使おう~

こんにちは!

人は生まれたときからみんなダイヤモンド✨✨✨

観察力・共感力・表現力の3つのチカラで
あなたの接客力とコミュニケーション力をアップさせる
接客コミュニケーション研修トレーナー 岩村良恵です(^^)

突然ですが皆さんは、

「共感」

て何だと思いますか?

読んで字のごとし 「共に感じる」ことですね。

でも、これって意外と難しい。

だって私たちはあまりに「論理的」だから。

それもそのはず。

私たち現代人は日々

溢れんばかりの情報に囲まれて生きています。


次から次へと降ってくる情報の嵐に挑みながら

「何が有益で何がムダか」

という取捨選択を繰り返しています。

そして、みんな忙しい💦

論理的に物事を処理していかなければ
時間なんてアッという間になくなって
日々の生活すらままならなくなる始末(^▽^;)

そんな状況なので、ついつい「アタマ」
物事を捉えすぎてしまうのは当然です。

でも、

人間にはココロ、つまり感情があります。

そして、その感情は往々にして
まったく論理的でなかったりします💦

理由もなく涙があふれてくる

”なんとなく寂しい”

”よくわからんけど無性にイライラする”

なんてこと、ありませんか(^▽^;)

だから、

共感にはアタマではなくハートを使いましょう。

条件抜きで、相手の気分に寄り添ってみましょう。

例えばお子さんが

「ママが宿題を見てくれなかったから先生に叱られた!!」

と、あらぬ言いがかりをつけてきたとき。
それって、きっと寂しいとき。

「仕方ないじゃない。ママだって忙しいんだから!!」

と必死に言い訳していませんか?
はい。昔の私はしてました(^^;)

でも、これってなんの解決にもなりません。

論理的な言い訳の代わりに

「わ~、それは嫌な思いをさせちゃったね、ごめんね!」

と、そんな気持ちに寄り添うだけで
子どもは不思議と穏やかになったりします(^^)

クレーム対応も同じ。

「も~、何度電話してもつながらなくて
 どうなってるんですか!?」

とお客さんが声を荒げたなら、

「申し訳ございません。
 繁忙期で立て込んでおりまして・・・」

などとこっちの事情を説明していませんか?
これは完全に「アタマ」を使った反応。

そうではなく、

「何度もお電話くださっていたんですね。
 ご不便をおかけしてしまい、誠に申し訳ありません」

とその方のモヤモヤの種にアプローチしてみましょう。

きっとその方のココロが報われるのでは?

親子関係から顧客応対まで、
人間はやはりココロでできているのです。

ぜひ、あなたのハートをフル活用して
コミュニケーションしてみてください(^^)

きっと何かが変わるはず。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
接客・接遇・職場改善・仕事力アップのことなら
True Colors Communication 
話し方・伝え方・人材育成についてのご相談もお気軽にどうぞ。
オンラインによる研修・セミナー・個別セッションも実施しています。
お問い合わせはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA