~「はじめまして力」を鍛えよう~
How can we improve first-time communication?

こんにちは(^^)
接客コミュニケーション コンサルタントの岩村良恵です。

今日は初対面のコミュニケーションについてお話したいと思います。

「はじめまして力」

いきなり質問です。

あなたは、
初対面の人とすぐ打ち解けられるタイプですか?

それとも、
打ち解けるのに時間がかかるタイプ?

どっちが良いというお話ではありません。
どちらも素敵な個性です✨

ただ、

初対面であまり緊張せずに挨拶できたり
相手とリラックスして話せたら
対人関係のストレスは軽減されそうですね。

ちなにみ、

動物には本来、自己防衛本能が備わっているので
素性の知れない初対面の人に打ち解けられないのが
むしろ自然なのだそうです(^^)

じゃあ、どうしたらいいのか?

ずばり、意識して


初対面での警戒レベルを下げる訓練

をするのが有効なのでは?と思っています。

題して

「はじめまして力を鍛えよう!」

客室乗務員は「はじめまして」の達人

私自身はこの「初対面警戒レベル」が
かなり低い人間だと思っています(^^)

でも、最初からそうだったのでしょうか?

いえいえ、決してそうではありません。

じつは、幼少期はかなり内向的。

毎日会うお友だちともろくに会話できないような
引っ込み思案でおとしい女の子でした。

証拠写真がこちら。
幼稚園の頃、担任の先生からいただいた
バースデーカードにはこんなことが書かれていました。
(よくとってあったな~)

相当、元気のない陰気くさ~い子供だったことが
想像できます(^▽^;)

そんな私がなぜ今、初対面の人とでも
特に緊張しすぎることなく接することができるのか?

これはやはり、CA時代の経験にヒントがあるような
気がしています。

私が働いていた航空会社では、
毎フライト違うクルーメンバーで乗務していました。
(おそらく外資系はほとんどこのパターン)

はじめて会って挨拶した1時間後には
まるで長年の同僚のような抜群のチームワークで
機内サービスを展開しなければならない。

そして万一、機内で急病人や緊急事態が起きれば
息の合った迅速なパフォーマンスが要求される。

そんな環境でした。

だから、

“Nice to meet you.” で挨拶した途端
相手の雰囲気や人柄を読み取ります。


そしてそのためには、

純粋な気持ちで相手の興味関心をもち
相手の良いところ、素敵なところ、
気の合いそうなところを瞬時に見つけ出す。

そんな能力が、徐々に鍛えられていったように思います(^^)

また、

シャイで奥ゆかしい日本人と異なり
欧米の人々は基本オープンで気さくな方も多くて。

初対面から相手に臆せず質問。

” I like you hairstyle! ”
(あなたの髪型いいわね!)

” How do you tie your scarf? It looks good!”
(そのスカーフどうやって巻いてるの?素敵ね。)

” Do you fly to Japan often?”
(日本にはよくフライトするの?)

” What did you do during your stay?”
(ステイ中は何してたの?)

などなど、
“あなたことを知りたいトーク” が続きます。

この

「あなたのことをもっと知りたいです!」

という気持ちを言葉に出していくのが
自分と相手の間にあたたかい空気を流してくれる
そんな風に感じています。

つまり、

はじめまして力を高める1つ目のコツ。
それは、


純粋に相手に興味を持ってみる


と言うことだと思います💕

はじめまして力については奥が深いので
今日はここまで。

つづきはまたこの次のブログをお楽しみに~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA