~ソーシャルマナー講座を行いました~
Let’s think about new social manners.

こんにちは。
ひとりひとりの個性やカラーを大切に
自分らしく輝く人を応援する
接客コミュニケーション コンサルタントの岩村良恵です(^^)

昨日は株式会社ライフ・プラネット様の
ライフデザイン講座に登壇させていただきました。

テーマは
「エアライン4社で33万人以上のお客様をもてなした
 元キャビンアテンダントに学ぶソーシャルマナー講座🛫」

企画の段階からスタッフの皆さまと
何度も打ち合わせさせていただき
一緒に作り上げた講座。
思い入れも半端ありません!

これからの時代をより軽やかに、そして楽しく
お互いに心地よく生きるためのスキルや考え方を
50分のセミナーにまとめてお話しました。

主なテーマは5つ

①変わりゆくマナーの在り方
②世代間のギャップ
③ダイバーシティとインクルージョン
④マスクマナー
⑤オンラインマナー

です。

1.変わりゆくマナーの在り方

   従来のマナーは、
   いかに所作をととのえるか
   礼儀・作法をわきまえるか
   そんなことが主流だったのではないでしょうか。

   でも今は、様々な考え方がある。
   相手が心地よい、と感じる形も人それぞれ。
   それを感じ取る柔軟さが職場でも人間関係でも
   求められるようになっています。

2.年代による価値観のちがい


「いまどきの若いもんは。。。」  

年長者が若者を批判する言葉として
昔からよく聞かれるセリフ。
これ、5000年前のエジプトの遺跡にも
落書きされていた!なんて都市伝説があるくらい(^^;)

いつの時代もジェネレーションギャップは
存在していたんですね~。

そんなお話を時代背景やその当時の人々の価値観を
テーマにお話しました(^^)

きっと大事なことは、
お互いの「違い」を認めること。
そして、
相手をジャッジしないでそのまま受け入れること。

それが第一歩なのかなあ、と感じております。

3.ダイバーシティとインクルージョン

 今、世界でスタンダードになっている
 ダイバーシティ(diversity)インクルージョン(inclusion)

 ダイバーシティを日本語に訳すと「多様性」

 
 多様な個性や背景を持つ人材を積極的に採用し 
 組織や社会にさまざまな人が存在していること
 \


 とされています。
 
 そしてインクルージョンは「包含」「包括」などの意味。

 
 異なる者同士がお互いの個性を認めて受け入れ合い
 一体となって働くこと
 \

 と定義されています。とても素敵な考え方ですね。

ところで、

ダイバーシティというとつい
大きな意味に捉えてしまいますが
じつは身近なところにもたくさんのヒントが。

私が思うに、例えば家庭内にも
ダイバーシティの「種」は沢山あると思います。

親子間
夫婦間
兄弟であっても

「心地よい」と思うことは違う。
「楽しい、大好き!」と思うものは違う。
「これが普通」と思うポイントはみんな違う。

実はダイバーシティの種は日常の中に
沢山かくれているのでは?

自分とは相いれない人と
どうやってうまくやっていくのか。

ひとりひとりが目の前の人とどう向き合うのか。
これからますます重要になるテーマだと思います。

4.やっぱりマスクマナー!

そして4つ目のテーマは定番のマスクマナー。

お得意の三日月メソッド
「三日月スマイル」を練習していただきました!

マスク笑顔は「目」が勝負!
この違い、明らかですね⇩⇩⇩

5.オンラインを制する人は新時代を制する!

最後のテーマはオンライン。
コロナ禍がもたらしたプラスの側面
と言えば、これではないでしょうか?

テレワーク、ライブ配信、オンライン飲み会…
今や、オンラインなしの生活は考えられなく
なってきました。

だからこそ、オンラインでもマナーの気持ちを
大切にしたいものですね!

最後に色んなマスクのご紹介をして
無事にセミナーは終了。


沢山の方から嬉しいお声も届いて
本当に良かったです!

ぜひいろんなところでお伝えしたい情報ばかり。
セミナーをご希望の方はぜひお声かけくださいませ♬

お問い合わせはこちらから→新時代のソーシャルマナー講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA