~無意識の偏見がコミュニケーションを阻害する~ 

こんにちは。

ひとりひとりの個性やカラーを大切に
自分らしく輝く人を応援する
接客コミュニケーション コンサルタントの岩村良恵です(^^)

朝晩、涼しくなって秋を感じますね~。
もうすぐ終わると思っていた緊急事態宣言。
首都圏に続いてこちら愛知県でも延長になるかも、
とのことで、
リアル対面研修は中止や延期が続いております(涙)💦

やはりこういう時は、オンラインが強いです!
でも、やっぱりリアルな空気感には代えがたいものも。
一長一短がありますね。
うまく使い分けていきたいものです。

さて、皆さんは「アンコンシャス・バイアス」
という言葉を聞いたことがありますか?

Unconscious bias

和訳すると、「無意識の偏見、思い込み」
といった意味になります。

人は誰でも例外なく、
無意識の偏見があるということなのです。

私にもあなたにも、そしてお隣のあの人にも
かならず、

「●●なら●●なはず」「●●は●●であるべき」

といった思い込みがあるのです!!

身近な例でいうと

「男の子のランドセルは黒、女の子のは赤」

みたいなのもバイアスですね。
(令和にそんな人は少ないと思いますが💦)

あとは

「男のくせに~」「女のくせに~」

という決めつけもそうですね。
最近では、

「男性なのに料理が上手いのねえ」

「女性なのに運転が上手いんですねえ」

なんて一見褒めたつもりの一言にも偏見の匂いが・・・

昭和の感覚を引きづっていると
年代の離れた人とのコミュニケーションで
変な空気を生み出す場合があります(^▽^;)

ところで
性格も価値感も育った環境もぜ~んぜん違う人が
集まるのが「職場」です。

本来、コミュニケーションとは
人間関係を円滑にするためのツールですが
このアンコンシャス・バイアスが強すぎると
何気ない一言で相手の気分を害したり
相手にいらぬ気を使わせてしまったり、、、

難しいですね💦

「何にも話せなくなるじゃないか!」

というお怒りの声が聞こえてきそうです(^▽^;)
でも、そう難しく考えず、まずは、


自分にも必ずバイアスがある


という当たり前の事実を受け止めることが第一歩。
そして、


おなじ価値観の人は世界にひとりもいない


ということを、怖がるのではなく、むしろ
楽しんでしまうのが良いのでは?と思います(^^)

それだけでも、年代やタイプの違う人への
アプローチが変わってくるのでは?
コミュニケーションは永遠に続く想像と共感の旅。
これからも勉強は続きます!

Why don’t we start being aware of our own unconscious bias?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA