~部下を褒めるのが苦手なら~

こんにちは。

ひとりひとりの個性やカラーを大切に
自分らしく輝く人を応援する
接客コミュニケーション コンサルタントの岩村良恵です(^^)

部下育成の研修でお目にかかるマネージャー職の方や
後輩指導にあたる中堅の方からよくいただくご相談に

「褒めるのが苦手です」

というのがあります。

部下のいいところを見つけよう!
なるべく褒めよう!

と意識すればするほど空回り💦

「ホント、何やらせてもデキるよなあ!」

と、変にわざとらしくなってしまったり

そのやり方、長年培ってきたんだよね(本当はさすが仕事早いね!と言いたい)」

と、なんだか微妙な感想になってしまったり(^▽^;)

「女性部下の容姿なんか褒めようものなら
 セクハラの地雷を踏みそうで💦」

というお声も。
つらいお気持ち、お察しします(;’∀’)

そんな、
褒めたいのに褒め言葉が浮かばないあなたへ
今日はとっておきの方法を伝授しましょう♬

それはズバリ

「助かった!」

と口にすること。
例えばこんなとき・・・

・後輩が自分の予定に合わせて会議時間を調整してくれた
・頼んでないのに、資料を見やすく整理してくれた
・正確にデータ入力を終わらせてくれた
・報告書がすごくまとまっていて読みやすい

などなど
日常のちょっとしたことでいいので


「~してくれて助るなー。ありがとう」

と、ぜひ目を見て、声に出して伝えてみてください。
そのとき、何をしてくれて助かったのかも
具体的に伝えてあげると、なお効果的です♬

人は「誰かの役に立てた」と思えると
ものすごく自分の価値を感じられるもの(^^)

下手に容姿を褒めるよりもずっと
部下の仕事へのモチベーションが上がるはず!

私自身もそんな素敵な上司に恵まれて
育ててもらいました!

小さな努力を見ていてくれる
少しの成長も認めてくれる


そんな上司を部下は信頼します!

頑張っていきましょう(^^)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
接客・接遇・ビジネスコミュニケーションのことなら
True Colors Communication 
話し方・伝え方・人材育成についてのご相談もお気軽にどうぞ
オンラインによる研修・セミナー・個別セッションも実施しています。
お問い合わせはコチラから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA